重度歯周炎 - 40代女性

重度歯周炎 - 40代女性

初診

患者さんは40代の女性で英会話学校の講師をされている方です。

上顎前歯に動揺がみられ、初診時にはレジンによる連結が図られていました。上顎、下顎左側の欠損は来院される3ヶ月前に抜歯された状態です。当院に来院される2~3ヶ月前に歯周病で抜歯され、将来どんどんと歯が抜けていく恐怖感から来院されました。

英会話学校の先生をされていますが、今回は将来安心して咬めるようになりたいとの思いが強く、しっかりとした治療を希望されていました。

初診

治療計画

上下全体に歯周治療、根管治療、矯正治療、補綴治療が必要で、上顎左側にはインプラント治療を計画しました。

治療計画

抜歯と再生療法:上顎右側

上顎右側第2小臼歯は、やむを得ず抜歯を診断。その前の第1小臼歯を保存するために再生療法を計画しました。

深い歯周ポケット

深い歯周ポケット

歯を支える骨が大きく失われている

歯を支える骨が大きく失われている

周囲から自家骨を採取し、自家骨と非吸収膜を用いた再生療法を実施しました。

歯と骨の間のスペースに

歯と骨の間に空いたスペースに

自家骨を充填

自家骨を充填

採取した自家骨

採取した自家骨

≫再生療法3年後の写真へ

そして、自家骨を充填した後、非吸収膜を欠損部に設置しました。

人工の非吸収膜を設置して

人工の非吸収膜を設置して

さらに結合組織移植片にて被覆

さらに結合組織移植片にて被覆した

骨欠損部には新生組織が認められました。この組織が将来骨組織に成熟する可能性のある組織です。

切開前の歯肉

切開前の歯肉

新生組織が歯を覆っている

新生組織が歯を覆っている

矯正治療:上顎前歯部

上顎の前歯が出ているため、口唇が閉じにくい状態でした。矯正治療により前歯を中へ移動させて口唇閉鎖を容易にし、清掃性、審美性の向上を図りました。

矯正治療:上顎前歯部
矯正治療:上顎前歯部

矯正開始

矯正治療開始
矯正治療開始

矯正開始後6ヶ月

6ヶ月経過
6ヶ月経過

確定的歯周外科処置

矯正治療後に残っている歯周組織の問題を解決するために歯周外科処置を行いました。

確定的歯周外科処置

APF(歯肉弁根尖側移動術)

APF(歯肉弁根尖側移動術)
APF(歯肉弁根尖側移動術)

CTG(結合組織移植術)

CTG(結合組織移植術)
CTG(結合組織移植術)

歯冠長の調整と下顎矯正治療開始

APFにより歯肉のラインが下がるため、補綴物の長さ調整を要します。

切端の位置及び歯冠長の調整

切端の位置及び歯冠長の調整

下顎矯正治療

下顎矯正治療

矯正治療終了後、プロビジョナルレストレーション

上下の矯正治療が終了し、仮歯の形態を調整します。この段階では左上の奥歯のインプラントの治癒を待っている状態です。

プロビジョナルレストレーション プロビジョナルレストレーション

確定的歯周外科処置:下顎左側臼歯部、上顎右側臼歯部

下顎左側臼歯部

左下奥歯の矯正治療後の状態です。歯周囲には弱い歯ぐきが多く、このままではブラッシング時に痛みを感じてブラッシングが行いにくいです。歯周外科処置により歯ぐきを強化し、強い歯ぐきを獲得し、ブラッシングしやすい状態に改善しました。

下顎左側臼歯部
下顎左側臼歯部

上顎右側臼歯部

右上の奥歯の再生療法後3年の状態。歯周囲にしっかりとした骨組織が得られている。

術前

術前
術前

再生療法3年後

再生療法3年後
再生療法3年後

最終補綴物の完成

治療期間は4年にわたりましたが、キャンセルもなく、患者さんのがんばりで良好な結果が得られました。

最終補綴物の完成 最終補綴物の完成

初診時と最終補綴完成の比較

初診時

初診時

最終補綴物完成

最終補綴物完成

3年、9年経過後

9年経過後も良好な状態が維持されています。

3年後

3年後

9年後

9年後