重度歯周炎 - 50代女性

重度歯周炎 - 50代女性

初診

歯がグラグラ揺れることを主訴に来院されました。40歳くらいの時に矯正治療を行い、その後咬み合わせが安定せず歯が揺れ始めました。歯が悪い自覚はありますが、どうしても義歯はしたくないとのことでした。

初診

初診時パノラマレントゲン

初診時のパノラマレントゲンです。特に上顎は全ての歯の周囲の骨が吸収し、抜歯を余儀なくされる状態でした。

初診時パノラマレントゲン

プロービング値も深く、上顎だけでなく下顎も部分的に歯周病が進行していました。

プロービング値

歯周病を悪化させる細菌6種類がポケット内にどのくらい存在するかを調べました。その結果、歯周病を悪化させる細菌が特異的に増大していることがわかりました。

歯周病関連菌

再評価・治療計画

まず歯肉縁上、縁下の歯石・プラークの除去と同時に抗生剤により細菌除去を行った初期治療後の状態です。

再評価・治療計画

歯肉の腫れや赤みがかなり改善されると同時に患者さんの治療に対するモティベーションが飛躍的に増大し、上顎は抜歯を行いますが、インプラントによる固定式のブリッジで下顎は可能な限り歯を保存し、ご自身の天然歯と欠損部のインプラントの共存により機能、審美の改善を図ることとしました。

上顎右側臼歯部の抜歯

右上の奥歯は根の先まで骨がない状態であったため、やむを得ず抜歯を診断しました。

上顎右側臼歯部の抜歯
上顎右側臼歯部の抜歯

≫この部位へのインプラント治療へ

上顎前歯部の調整

抜歯と仮歯の装着

右上の抜歯後、治癒を待って前歯の抜歯と同時に仮歯を装着しました。

抜歯と仮歯の装着
抜歯と仮歯の装着
抜歯と仮歯の装着
抜歯と仮歯の装着

術前と仮歯装着後です。ただ単なる仮歯でなく、見た目、機能も兼ね備えた仮歯を装着することで日常生活に可能な限り負担をかけないように配慮しています。

初診時

初診時

仮歯装着時

仮歯装着時

下顎右側臼歯部の抜歯

右下奥歯は2本抜歯が必要でした。その後は欠損の範囲が大きくなることもあり、インプラントで修復することとしました。

下顎右側臼歯部の抜歯
下顎右側臼歯部の抜歯
下顎右側臼歯部の抜歯

≫この部位へのインプラント治療へ

上顎前歯部の骨増大

右側上下を抜歯した状態のため、左側で咬んでもらいながら、上顎前歯部の骨の増大を図りました。将来はインプラントによる修復を予定しているので、かなりの骨増大が必要となりました。

上顎前歯部の骨増大
上顎前歯部の骨増大
上顎前歯部の骨増大

また右上奥歯は骨の厚み、幅が少ないために上顎洞底挙上術と同時に厚みを増やすための骨増大を図りました。

上顎前歯部の骨増大

さらに前歯部は段階的に垂直的な骨増大を図りました。

上顎前歯部の骨増大
上顎前歯部の骨増大

上顎前歯の骨の高さは改善しましたが、幅が少ないためにチタンメッシュを利用して骨幅を増大させました。

上顎前歯部の骨増大
上顎前歯部の骨増大

下顎右側臼歯部のインプラント治療

抜歯後の治癒を待ってインプラント埋入前の状態です。骨幅が不足していることがわかります。

下顎右側臼歯部のインプラント治療

インプラント埋入と同時に骨移植材を用いた骨増大を図りました。

下顎右側臼歯部のインプラント治療
下顎右側臼歯部のインプラント治療
下顎右側臼歯部のインプラント治療
下顎右側臼歯部のインプラント治療

治癒を待って、2次オペ(頭出し処置)を実施しました。また、インプラント周囲にもブラッシングを行いやすくするために歯肉の強化(FGG:遊離歯肉移植術)を行いました。

下顎右側臼歯部のインプラント治療
下顎右側臼歯部のインプラント治療

下顎左側臼歯部のFGG(遊離歯肉移植術)

右下奥歯のインプラントの治癒期間の間に左下の歯肉の強化のためのFGG(遊離歯肉移植術)を実施しました。

下顎左側臼歯部のFGG(遊離歯肉移植術)
下顎左側臼歯部のFGG(遊離歯肉移植術)

また、左下犬歯周囲に深い骨欠損が存在したため、再生療法により骨増大を図りました。

下顎左側臼歯部のFGG(遊離歯肉移植術)
下顎左側臼歯部のFGG(遊離歯肉移植術)
下顎左側臼歯部のFGG(遊離歯肉移植術)

上顎右側臼歯部のインプラント治療

右上の上顎洞底挙上術(サイナスリフト)と骨増大後にインプラントを埋入しました。不足している骨をさらに同時に骨増大を行いました。

上顎右側臼歯部のインプラント治療
上顎右側臼歯部のインプラント治療
上顎右側臼歯部のインプラント治療

治癒を待って2次オペ(頭出し)を実施しました。骨量が増大していることがわかります。

上顎右側臼歯部のインプラント治療

同時にインプラント周囲の歯肉を強化しました。

上顎右側臼歯部のインプラント治療

下顎前歯部の矯正開始

右上と前歯部の治癒期間の間、下顎前歯部の矯正治療を開始しました。

下顎前歯部の矯正開始

上顎左側臼歯部の抜歯

右側で咬めるようになったため、左上を抜歯しました。

上顎左側臼歯部の抜歯
上顎左側臼歯部の抜歯
上顎左側臼歯部の抜歯

現在の状況:仮歯のセット

現在の状況:仮歯のセット