重度歯周炎 - 40代女性

重度歯周炎 - 40代女性

初診

仕事が忙しく、約20年前に歯周治療を勧められましたが積極的な治療は受けずに徐々に歯の揺れが進行してきました。患者さんの治療に対する希望はできるだけ自分の歯を保存してほしい、今回は徹底した治療を受けたいとのことでした。

初診

治療計画

初診時のパノラマレントゲン写真です。
特に上顎右側から前歯部にかけて重度の歯槽骨の吸収が見られます。
左上の奥歯は一部欠損しており、前歯から右上奥歯にかけて歯の揺れが大きい状態でした。

上顎は右側、前歯部と重度の骨吸収があり、根の先近くまで骨吸収している歯は抜歯が必要です。
上顎は再生療法矯正治療を併用し、最終的にはブリッジで固定式の補綴物を装着することを治療ゴールとしました。また下顎は両則とも一番奥歯は歯周病の進行と歯の破折のために抜歯し、右下には1本インプラント修復を予定しました。

治療計画

初期治療と並行して上顎前歯を仮歯へ置き換え

まず初期治療と並行して上顎前歯を仮歯に置き換えました。単なる仮歯でなく、見た目や機能も兼ね備えた仮歯を作製します。

初診時

初診時

仮歯装着時

仮歯装着

右上の抜歯と犬歯の再生療法

犬歯は非常に重要な歯で、この歯が保存できるかがポイントとなります。

骨が大きく失われている

犬歯

骨が大きく失われている

骨が大きく失われている

他家骨移植材、エムドゲインを用いて再生療法を実施します。

再生療法
再生療法

上の前歯の抜歯:顎堤保存術

できるだけ抜歯した後の歯肉が凹まないように顎堤保存術を行いました

歯肉の厚みを確保する

顎堤保存術

歯肉の厚みを確保する

顎堤保存術

咬み合わせの調整

上顎は8本を土台にしたブリッジの予定です。右上の犬歯の歯槽骨の再生療法の治癒期間の間に咬み合わせの調整を仮歯で行います。

咬み合わせの調整
咬み合わせの調整

左下の一番奥歯は重度の歯周病で抜歯しましたが、第一大臼歯の根分岐部に対し再生療法を行いました。この再生療法は自家骨(患者さん自身の骨)と膜を用いたGTR法で行いました

再生療法
再生療法

右上の犬歯部の骨を確認するために歯周外科処置を行いました。

術前より改善しているがまだ犬歯周囲に骨欠損が残存していたため、再度、自家骨、膜を用いた再生療法を行いました。

歯周外科処置

犬歯の周りにいまだ欠損がみられる

歯周外科処置

自家骨を補てん

歯周外科処置
歯周外科処置

膜を被せ

歯周外科処置

縫合した

歯周外科処置

約1.5ヶ月後に膜除去しました。

膜除去
膜除去

膜の下には弾力のある新生組織が認められました

この組織が将来骨組織になる可能性の高い組織です。

新生組織

新生組織

再び縫合

再び縫合

再生後の矯正治療

再生療法後の治癒期間中に歯の位置を改善するために矯正治療を行いました。

この際にできるだけ患者さんの日常に不便がないよう、見た目と機能を維持して矯正治療を開始しました。

矯正治療
矯正治療

矯正治療後の仮歯と上顎の歯の状態です。

矯正治療後の仮歯と上顎の歯の状態
矯正治療後の仮歯と上顎の歯の状態

再評価

全体の状態です。

全体の状態

犬歯周囲の歯槽骨の著明な改善が認められます。

上顎犬歯部の再生療法前の状態

上顎犬歯部の再生療法前と再生療法後の状態

上顎犬歯部の再生療法後の状態

上顎犬歯部の再生療法前と再生療法後の状態

歯牙周囲にしっかりとした歯肉を獲得するために歯周外科処置を行いました

歯周外科処置

最終的な上顎の土台の歯の状態と補綴物です。

最終的な上顎の土台の歯の状態と補綴物
最終的な上顎の土台の歯の状態と補綴物

矯正治療により支台歯の方向を調整します。

最終的な上顎の土台の歯の状態と補綴物
最終的な上顎の土台の歯の状態と補綴物
最終的な上顎の土台の歯の状態と補綴物
最終的な上顎の土台の歯の状態と補綴物

最終補綴物装着

最終補綴物装着時です。咬み合わせも安定した状態です。
治療前は歯がグラグラして咬めませんでしたが、治療後はしっかりと咬めるようになりました。

最終補綴物装着 最終補綴物装着