重度歯周炎・虫歯 - 60代女性

重度歯周炎・虫歯 - 60代女性

初診

60代女性です。義歯が合わず、しっかりと咬めないとのことです。また上顎の前歯部が動揺しています。
しっかりと咬めるようになりたいとのことで来院されました。

初診

治療計画

初診時のレントゲン写真です。
上顎の前歯、下顎奥歯は歯周病が進行し、特に左下奥歯は抜歯が必要です。
また上顎前歯部と右下も補綴物の中で虫歯が進行しており、保存が難しい状態でした。
患者さんと相談し、下顎両側奥歯はインプラント前歯は自身の歯によるブリッジで対応し、上顎はインプラントを用いた取り外し式の義歯で対応することとしました。

治療計画

治療開始

右下の補綴物を外した状態です。神経がないので痛みはありませんが、虫歯が深く、ブリッジの土台として使用するのは難しい状態でした。一時的にこれらの歯を残しながら欠損部にインプラント埋入を行いました。
治療期間中に患者さんの日常にできる限り支障の少ないよう配慮することは大切です。

治療開始
治療開始

インプラント埋入

インプラント埋入時の状態です。骨の不足している部位には骨移植材を用いて骨増大を図りました。

インプラント埋入
インプラント埋入

インプラント埋入処置直後の状態

インプラント埋入処置直後の状態
インプラント埋入処置直後の状態

左下インプラント2次オペ

左下のインプラント2次オペ(頭出し)後の状態です。
インプラント周囲にも歯と同様にブラッシングしやすくするために歯肉の強化を歯周外科処置により行いました。

左下インプラント2次オペ
左下インプラント2次オペ

右下インプラント2次オペ

右下も同様にインプラント2次オペを行います。
この時に残存していた虫歯の深い歯は同時に抜歯しました。この後はインプラントに仮歯を装着し、咬める状態となります。

右下インプラント2次オペ
右下インプラント2次オペ

右下インプラント追加埋入

右下の抜歯後、治癒を待ってインプラントを追加埋入しました。

抜歯後に治癒した状態

抜歯後に治癒した状態

追加でインプラントを埋入

追加でインプラントを埋入

最終補綴物の装着

下顎両側の最終補綴物の装着時の状態です。インプラントは内冠、外冠と分かれており、歯と同様にセメントで内冠(土台)と外冠(被せ)を着けます。

最終補綴物の装着
最終補綴物の装着
最終補綴物の装着
最終補綴物の装着
最終補綴物の装着
最終補綴物の装着

上顎は上顎洞底挙上術、骨増大を図りながら合計4本のインプラント埋入を行いました

インプラント埋入
インプラント埋入
インプラント埋入
インプラント埋入
インプラント埋入

上顎インプラント埋入後の状態とパノラマレントゲン写真

上顎インプラント埋入後の状態
パノラマレントゲン写真

上顎のインプラントの2次オペ

上顎のインプラントの2次オペ時の写真です。この後、義歯を調整し、インプラントにアタッチメント(義歯の維持装置)を装着して義歯が外れないようにしました。

上顎のインプラントの2次オペ

最終補綴装着後5年

上顎は取り外し式の義歯ですが、アタッチメントにより外れず安定した状態です。

また下顎はインプラントと天然歯によるブリッジで上下の咬み合わせも安定してよく咬めるになりました。

最終補綴装着後5年
来院時年代・性別 60代 女性
主訴 義歯が合わない・咬めない
診断 重度歯周炎・むし歯
来院の経緯 60代女性。義歯が合わず、しっかりと咬めない。また上顎の前歯部が動揺。しっかりと咬めるようになりたいとのことで来院。
治療内容 歯周治療、抜歯、インプラント治療、補綴治療
治療期間 2年
治療費 8,100,000円

治療費や治療期間は人によって異なります。患者さんの状態や希望に合わせて治療内容は変わります。例えば、インプラントなのか義歯なのか、補綴は最上級のものかリーズナブルなものか、早く治療を完了させたいのかそうでないかなどです。

私たちは「治療結果が『長持ちする』こと」を大切にしています。それを実現する方法は様々ありますので、是非ご相談ください。

一般的な治療費はこちらをご覧ください。治療費のページへ。