重度歯周炎 - 40代女性

重度歯周炎 - 40代女性

初診

40代女性です。多くの歯を失い、義歯ではよく咬めない状態でした。上あごの前歯も割れているため被せのやり直しが必要でした。

初診

治療計画

全体のレントゲン写真です。
上あごの前歯の歯の周囲に黒い影が見られます。このような場合、歯が割れて周りの骨が溶けていることが多いです。左下の歯は被せの下で虫歯が進行している状態です。

治療計画

患者さんと相談の上、上あごは義歯のかわりにインプラント治療を、左下もインプラント治療を行うこととしました。

治療計画

治療開始

破折している上あごの前歯を抜歯して、同時に骨増大を図りました。

治療開始
治療開始
治療開始
治療開始

インプラント埋入

左下の奥歯は虫歯が深いため抜歯し、抜歯後2ヶ月してインプラント埋入と同時に骨増大を行いました。

インプラント埋入
インプラント埋入

インプラント埋入処置直後の状態

インプラント埋入処置直後の状態
インプラント埋入処置直後の状態

インプラント2次オペ(頭出し)

インプラント埋入して6ヶ月後、インプラント2次オペ(頭出し)を行いました。
この時点で仮歯で咬んでもらえるようになりました。

インプラント2次オペ(頭出し)
インプラント2次オペ(頭出し)
インプラント2次オペ(頭出し)
インプラント2次オペ(頭出し)

右上の奥歯の骨増大とインプラント埋入

左で咬むことができた後、右上の奥歯の骨増大とインプラント埋入を行いました。

インプラント埋入
インプラント埋入
インプラント埋入
インプラント埋入

左側で咬んでもらいながら、右下の歯の抜歯を行い、その後インプラント治療を行うこととしました。

インプラント治療

右下奥歯の抜歯

右下奥歯の抜歯です。虫歯が深く、歯が割れている状態でした。

右下奥歯の抜歯
右下奥歯の抜歯

右下奥歯インプラント埋入

抜歯後3ヶ月して、インプラント埋入を行いました。

右下奥歯インプラント埋入
右下奥歯インプラント埋入

右下のインプラント2次オペ(頭出し)

右下のインプラントの2次オペです。(頭出し)

右下のインプラント2次オペ(頭出し)
右下のインプラント2次オペ(頭出し)

右上のインプラントの2次オペ(頭出し)

これで右側も咬めるようになりました。

右上のインプラントの2次オペ(頭出し)
右上のインプラントの2次オペ(頭出し)

上の割れている犬歯を抜歯

上の割れている犬歯を抜歯した後に、インプラント治療のための骨増大を行いました。

上の割れている犬歯を抜歯
上の割れている犬歯を抜歯
上の割れている犬歯を抜歯
上の割れている犬歯を抜歯
上の割れている犬歯を抜歯
上の割れている犬歯を抜歯

左上奥歯の歯の歯周病治療

左上奥歯の歯の歯周病を外科処置により改善しました。

左上奥歯の歯の歯周病治療
左上奥歯の歯の歯周病治療
左上奥歯の歯の歯周病治療
左上奥歯の歯の歯周病治療

左上前歯部にインプラントを埋入

左上の処置と同日に6ヶ月前に骨増大した左上前歯部にインプラントを埋入しました。
術前と比べて骨が増大しています。

左上前歯部にインプラントを埋入
左上前歯部にインプラントを埋入
左上前歯部にインプラントを埋入
左上前歯部にインプラントを埋入

最終補綴物の装着

下顎の補綴物装着前の状態です。インプラントや歯の周囲の歯肉はしっかりしています。

最終補綴物の装着

上下全体にわたる補綴物装着時の状態

上下全体にわたる補綴物装着時の状態です。しっかりと咬めて審美的にも良い状態です。

良い状態を長持ちさせるためには定期的なメンテナンスはとても大切です。

上下全体にわたる補綴物装着時の状態

治療終了後のパノラマレントゲン写真

治療終了後のパノラマレントゲン写真です。

治療終了後のパノラマレントゲン写真