不正咬合 - 20代男性

不正咬合 - 20代男性

初診

矯正治療を希望し、紹介されて来院されました。

他院にて、「4歯の抜歯をした上、2年ほどの矯正治療が必要」と説明を受けたそうです。
短期間で確実に治療を行いたいということで、紹介され来院されました。

当院では、智歯(おやしらず)のみを抜歯して矯正治療を行うことになりました。
矯正治療に歯周外科処置を併用することで、矯正装置を装着する期間をできる限り短期間にする矯正法(PAOO)を選択しました。

初診

初診時のレントゲン写真です。

初診時のレントゲン写真

治療開始

初診より1ヶ月後に、矯正装置とバンドを装着し、さらにその1ヶ月後(初診より2ヶ月後)

PAOO(歯周外科処置)を実施しました。

手術は、麻酔科ドクターによる静脈内鎮静法でリラックスした状況下で行いました。

常にモニターで心拍、血圧、その他の体の変化を確認しながら進めていきます。

術前写真

術前写真

PAOO(歯周外科処置)術中写真:上顎

歯ぐきを切開した後、歯を支える骨が厚くあるため、骨の表面に小さく傷をつけて活性化させます。

PAOO(歯周外科処置)術中写真:上顎
PAOO(歯周外科処置)術中写真:上顎

PAOO(歯周外科処置)術中写真:下顎

奥歯の骨の表面に小さく傷をつけて活性化させます。その上に骨の形成を促進させるため骨移植材を置きます。

下の智歯(おやしらず)は左右とも、術中に抜歯しました。

PAOO(歯周外科処置)術中写真:下顎
PAOO(歯周外科処置)術中写真:下顎

ブラケットを装着して1ヶ月後(初診より2ヶ月後)

PAOO(歯周外科処置)術後の写真

ブラケットを装着して1ヶ月後

ブラケットを装着して5ヶ月(PAOO:歯周外科処置を行って4ヶ月)

ほぼ左右の歯並びがそろってきました。一度ブラケットをはずして新しく付け直しました。細かな調整を行います。

ブラケットを装着して5ヶ月

ブラケットを装着して10ヶ月(PAOO:歯周外科処置を行って9ヶ月)

細かな歯の並びの修正と上顎の智歯(おやしらず)の抜歯を行いました。

ブラケットを装着して10ヶ月
ブラケットを装着して10ヶ月
ブラケットを装着して10ヶ月

ブラケットを装着して12ヶ月(初診から13ヶ月、PAOO:歯周外科処置 を行って11ヶ月)

ブラケットを装着して12ヶ月

矯正装置除去しました。

移動の後戻りがないように、リテーナーと呼ばれる装置を装着して、治療は終了です。

矯正装置除去