歯周病の原因

歯周病の原因

歯周病の原因は細菌です

お口の中にはたくさんの細菌がいます。そのなかでも、ある特定の細菌が歯周病に関連しています(歯周病原性細菌といいます)。それら細菌の多くは空気を嫌う性質があるため、歯肉と歯の境目の部分(歯肉溝)や、歯周ポケット(深い歯肉溝)に多く存在します。

歯周病原性細菌が出す毒素や酵素が、歯ぐき(歯肉上皮)の中に入り、影響を及ぼし、結果として歯ぐきに炎症反応が起きます。炎症反応は、歯ぐきの腫れ、痛み、赤くなる、血が出る・・・等、目に見えた形で現れます。

また直接体内に入った細菌を排除しようとする体の免疫細胞自身の細胞も攻撃してしまうため、結果として歯を支える骨や線維が破壊され、歯周病が進行してゆくのです。その速度は決して速いものでもないですし、ある程度の状態になるまでは症状なく進行します。したがって、歯周病は静かに徐々に悪化するのです。

行き過ぎた咬み合わせの力は、それら歯周病の症状を悪化させる働きがあります。また、歯並びが悪い場合、お口の中が狭く歯ブラシがしっかりと行き届かないことは、これら細菌をためる原因となります。