軽度歯周病の症状

軽度歯周病の症状

プラーク性歯肉炎

プラーク(細菌の塊)により生じ、歯を支える歯槽骨ではなく歯肉に限局した炎症です。歯との境目の溝(歯周ポケット)が3mm以上入る状態です。このとき、歯槽骨や線維が壊されていないため、プラークや歯ぐきの上の歯石を除去すること(プラークコントロール)により完全に治癒が可能です。

治療前

プラーク性歯周炎 治療前

治療後

プラーク性歯周炎 治療後

軽度歯周炎

歯槽骨の吸収が歯根の長さの1/3以内、歯周ポケットの深さが2~4mm程度の歯周病です。プラークコントロールとスケーリング・ルートプレーニング(歯石を除去し、歯石がつきにくいように歯を滑沢にすること)を中心とした病原因子を取り除く治療で治癒が可能です。

治療前

軽度歯周炎 治療前

治療後

軽度歯周炎 治療後