歯周病の診断とCT

歯周病の診断とCT

診断の重要性

診断の重要性

痛みや腫れなどの症状の原因が何であるかを把握することが治療の第1歩となります。

その状態を把握するために診査がありますが、その診査には写真やレントゲン等の検査に加え、現在ではCTによる診査が可能となりました。

CTは3次元的な診査が可能で、レントゲンの2次元的な診査と比較して立体像として病状を把握することができます。また3Dイメージで画像が見れるため、患者さんへの説明に大変有効です。


診断の重要性

治療において治療計画(プランニング)は非常に重要です。「とりあえず」行う治療は必ずと言っていいほど後で問題が生じます。

仮に治療が長期間必要な場合でも、いつの時点でどのような治療を行うか、その結果どのようになるのかを患者さんに理解してもらうことで長期間の治療への理解も深まります。

特に歯周病は1歯だけであることは少なく、全体に及んでいる場合が多いです。そのため、しっかりと診査し、状況を把握しプランニングされた治療を行わなければ、来院していただいていても良い結果は得られないことがあります。「とりあえず・・・」の治療はダメなんです。