軽度歯周病の治療

軽度歯周病の治療

1.診査:口腔内写真、レントゲン(パノラマ、デンタル)、模型、歯周検査

口腔内写真
レントゲン(パノラマ)
レントゲン(デンタル)

2.診断:歯周病の程度、部位

歯周病の症状の程度はプロービングや歯槽骨の量で判断します。骨の喪失がなく、歯肉の炎症に限局している歯肉炎の場合はブラッシング指導スケーリングを行います。

軽度歯周病でわずかに歯槽骨の吸収を伴う場合は、ブラッシングスケーリング・ルートプレーニングに加え、4mm以上の歯周ポケットが存在する部位では外科的に歯石を除去することもあります。

中等度歯周病の場合歯槽骨の吸収が見られるので、スケーリング・ルートプレーニングの初期治療後に歯周外科処置により歯石の除去やもともとの骨の形態への修正、歯肉の強化の治療が必要となる場合があります。

中等度~重度歯周病の場合は、再生療法が可能か否かによって、その歯が保存できるかを決定します。

3.TBI(ブラッシング指導)モティベーション(動機づけ)

歯周病はプラークの沈着により発症し、悪化します。そのため日々のブラッシングはとても大切です。私たちは食事しない日はありませんので ブラッシングしないとばい菌(歯周病菌)は増える一方です。

来院されるとまず初めにどうしてこのようになったのかという歯周病の原因をしっかりとお伝えします。歯ブラシをしない方はほとんどいらっしゃらないと思います。しかし歯ブラシをする=プラークが取れるではありません。長い時間をかけても適切な方法でなければプラークは取れないのです。

そのため、正しいブラッシングの方法を患者さんの状況に応じてお伝えし、実践していただくようにします。
また歯周治療は期間がかかることがあります。治療は患者さんと私たち2人3脚です。患者さんにもご自身の状態、問題点を理解してもらい、しっかりと健康な状態に戻すためには状況に応じた歯周治療が必要なことを理解していただきます。

4.初期治療

患者さん自身によるプラークコントロールは最も大切です。
しかしながら、歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなり、ブラッシングだけではプラークや歯石を取り除くことはできません。

このような場合、特殊な器具を用いてポケット内のプラーク、歯石を除去する必要があります。(SRP:スケーリング・ルートプレーニング)この初期治療によって患者さんの意識や治療に対する意欲にも変化が見られ、歯肉の炎症の軽減が図れます。

歯周病が初期の場合は、この初期治療のみで対応できることもありますが、中等度、重度の歯周病では初期治療のみでは限界があります。

≫実際の歯周病治療の例[写真付き]

初期治療
初期治療
初期治療

5.再評価

初診から初期治療までの歯周組織の変化などを評価します。
この再評価の際に初期治療のみで解決できなかった問題がある場合は、歯周外科処置により改善を図るかどうかを考慮します。また患者さん自身の意識の変化も重要です。
ブラッシングをはじめ医院でお伝えしたことを守っていただいてるか、アポイントのキャンセルなども評価します。

≫中等度・重度歯周病の治療 - 歯周外科処置へ