歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患の関連性について

歯周病がある患者さんは、高血圧症脳梗塞心疾患糖尿病骨粗しょう症などを有する患者さんが多いのです。歯周病の治療にあたっては全身疾患の管理も慎重に行っていく必要があります。

また、これらの患者さんは薬物を服用している場合が多いため、医科担当医と連携して万全な体制で治療を行っていくことが重要です。

また、最近の研究では、これら全身の病気と歯周病は深く関わり合いがあることがわかってきました。

歯周病と糖尿病の相互関係

糖尿病になると歯周病になりやすくなり、歯周病になると糖尿病になりやすくなる

糖尿病の人は正常な人に比べて白血球の数が少ないため、体の免疫機能が低下して感染しやすく、また糖が必要な細菌は血中の糖の濃度が高いため増殖しやすい状況です。

唾液の分泌量も少ないため、お口の中の環境も歯周病が進行しやすい状況です。結果として歯周病にかかりやすいといわれています。
一方で、歯周病の歯ぐきの細胞内で生み出されるTNF-αといわれるサイトカインは、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きを邪魔し、血糖コントロールを難しくするのです。歯周病の治療を行うことで糖尿病も改善する可能性があります。

歯周病と心臓・血管疾患

歯周病菌は、歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)から血液中に入り込みます。量が少ない場合には、体の免疫系にて細菌は排除されます。しかしながら、歯周病にかかると、菌が血液中に多く入り込みやすくなります。入り込む菌の数が多かったり、免疫系が低下している高齢者や有病者は危険な状況になります。
歯周病にかかっている人は、心筋梗塞になりやすいことが疫学研究にて知られています。また動脈硬化に関与することも知られており、腹部の動脈瘤や心臓の冠状動脈の血管内壁からも歯周病原菌が検出されております。歯の病気といってあなどってはいけません。命に関わることもある重大な疾患です。

歯周病と妊婦の低体重児出産

歯周病の妊婦は、歯周病ではない妊婦よりも、およそ5倍も早産になりやすいとの報告があります。
炎症のときに免疫を担当する細胞から出されるサイトカイン(情報伝達物質)は、妊婦の場合は子宮の筋肉を収縮させる合図でもあります。陣痛促進剤としても使われます。
歯周病による炎症にて作り出されたサイトカインは血液中に入り、その濃度が高まってくると体が間違えて子宮の筋肉を収縮させてしまい、赤ちゃんが完全に発達し切れていない状態(正期産以前・37週未満での切迫早産)で生まれてしまいます。
妊婦の場合、歯周病の治療で切迫早産のリスクは減らすことができます。妊娠がわかったら、歯科検診をまず受けるようにしてください。

歯周病と体内の感染(誤嚥性肺炎・感染性心内膜炎)

お口の中の細菌が唾液とともに気道に入ってしまい、気管支や肺で炎症を起こす病気が「誤嚥性肺炎」です。健康な方の場合、気道に入ってむせた場合は咳き込みますが、病気や加齢などで咳き込む力が弱くなり、反射も衰えてくると発症する確立が高くなります。

65歳以上の高齢者の死因の6割を占める肺炎に、誤嚥性肺炎も大きく関わっていると思われます。

予防法は、「口の中の細菌を減らすこと」です。自分でお口の中をきれいにすることができない高齢者は、口腔ケアを行うことで顕著に発症率が下がるといった報告があります。

先天性の心疾患や、心臓弁置換術を行った既往がある患者さんは、抜歯や歯周病などにより血液中に細菌が侵入すると、心内膜に細菌が付着し、感染巣を形成します。感染性心内膜炎は、治療以前に抗生物質を服薬して発症を予防する必要があり、医科との連携が必要となります。